食卓をゴキゲンに!


FARM GUIDE

 

農園案内

棕櫚並木の里

しゅろなみきのさと

 

吟風農園

ぎんぷうのうえん

 

POLICY

吟風農園のポリシー

 

風に吹かれ

季節の流れを感じながら 

 作物を見守る喜び

収穫の喜び

お届けできる喜び

 

太陽 水 大地

自然の恵みに感謝して

土に触れる幸せ

 

そんな農業の

魅力に惹かれる

 

たくさんの人に

お届けできる

農業人でありたい

 

 

私たちは

兵庫県新温泉町

棕櫚並木の里で

小さな農園を営んでいます 

 

有機質資材を利用し

資源循環型農業に取り組み

 環境にやさしい栽培方法を

実践しています

 

みなさまの

食卓をゴキゲンに!」を

目標に掲げている

農園です

 


 

 

三方よし

売り手よし 買い手よし 世間よし

 

消費者の皆様と生産者の私たちが

共に満足し

 

地域社会に

少しでも貢献できる

楽しい農業を目指します


 

◆三つのこだわり

  資源循環型農業

 兵庫県北部の但馬地方は国際的にも名高い「神戸ビーフ」の素牛である伝統の名牛「但馬牛」の名産地で、町内で飼育する畜産農家に牛ふん完熟堆肥を畑に散布してもらいます。

 

また、米ぬか・もみ殻・腐葉土・木質チップ・燻炭を土壌にすき込み有機物たっぷりの土づくりにこだわり農産物を栽培している農園です。

   環境に優しい農業

雑草対策として、まず作物周囲の雑草を手作業での草取りを都度行います。

利用可能な作物には用途に合わせビニールマルチ(黒色・白色)を張り、極力雑草が生えにくい対策を行い圃場内では除草剤を使いません。

 

作物の生育に雑草の繫殖は、害虫の増加・日照の妨げ・栄養素の吸収など悪影響を及ぼすことななります。

  人に優しい農業

作物の生育状況をこまめに観察確認し早期に状況判断して、病害虫防除剤の使用量を50%削減します。

 

私たち人類も、はやり病に感染する前に予防接種を受けたり、万が一感染すれば科学的な薬物療法の治療を受けることもあります。

 過度の薬物投与は避けなければなりませんが、適度の予防薬・治療薬は必要ではないかと考えています。



自然薯 じねんじょ

6月 蔓(つる)が伸び始めた自然薯畑
6月 蔓(つる)が伸び始めた自然薯畑

 

 幼少の頃、裏山から祖父が長い枝に くねくねした物をくくり付け、

大事そうに肩に かついで帰って来ました。

 

 小生「おじいちゃん、それ なあに?」 

   祖父「山芋だよ。」

 小生「!?」

 

その日の夕食は、すりおろした「山芋」がたっぷりと入った お鍋の料理でした。

 小生「おじいちゃん おいしい!!」

 祖父「そうか!おいしいなぁ!」(笑顔) 

そのときに初めて食べた、美味しい「山芋(自然薯じねんじょ)」の味が50余年たった今も脳裏に残っています。

 

私の孫たちにも、あの時の美味しい「自然薯」を食べさせてあげたいなぁ!!

そんな想いで、「自然薯」を平成29年から精魂込めて栽培しています。

 

現在の野山には自然に生えた自然薯は、ほとんどありません。

野生動物、イノシシの大好物なんです。

日本古来の在来種の山芋は「自然薯」です。

 昔から漢方医療では「山薬」と言われ滋養強壮に優れ栄養価が高く、独特のねばり・香り高い風味・旨味は格別で珍重されています。 

当地の寒暖の差が激しい気候風土の自然環境の中で、自然薯を大切に育てています。

 

ネットショップ吟風庵(直売店)・産直通販サイト(食べチョク・ポケットマルシェ・OWLアウル)などで販売しています。 

 

一本一本の自然薯に込めた作る喜び!

感謝の気持ちと、お届けできる幸せをかみしめて!

 

是非一度、吟風農園の「自然薯」をご賞味くださいませ。    

       

  棕櫚並木の里 吟風農園 

                 園主  敬白


吟風農園の畑

7月 夏の太陽を浴びる自然薯畑



令和2年9月の自然薯畑と零余子(むかご)

 

 

 

美方大納言小豆畑(7月)

安納芋畑(しっとり系の極甘サツマイモ)


令和3年8月21日撮影

 

 

色づき始めたコシヒカリ

令和3年8月21日撮影

収穫期のコシヒカリ

令和3年9月5日撮影


蕎麦の花
蕎麦の花

令和3年9月17日 撮影


美方大納言小豆
美方大納言小豆


春の代掻き作業と田植え作業(令和3年5月4日)

令和3年9月5日 コシヒカリ刈取り作業