· 

関係人口地域再生アドバイザーと意見交換会

 

令和4年7月24日(日曜日)15:00~16:30

晴れ時々曇り

 

宮脇の関係人口を考える

5年後、10年後にどんな地区になっているか?

 

●自分たちの困っていることや問題だと感じていること。

●どうなったら嬉しいか。

●地域外の人に自慢できること。

●残していきたいと思う(こと・もの)を考える。



 

<高齢化>

・共同作業の道路、水路管理総事ができなくなる。

 5名ぐらいの応援者が必要です。

・買い物・病院通院支援が必要となる。

 共同乗合せタクシーの利用はできないか。

・高齢者世帯の見回り体制が必要となる。

 いきいきサロンの拡充はできないか。

・祭り準備ができなくなる。

 応援体制が必要となる。

 

<農業>

・農業者激減の為、放棄田が増加する。

・農業用水路の管理ができなくなる。

・獣害被害が深刻になる。

新規に農業参入者を受け入れることも視野に入れる。

 

 

 

<その他の課題>

・いきいきサロンの活用方法

・ネット環境が悪い。

・「だんじり祭り」交流の検討

・手伝いルールの作成 など

 

 

多くの課題がありますが、今後の地元の取り組み方と行政の支援で新たな活路を見つけたいと思います。

 

住民24名中、参加者20名

県民局2名・町役場企画課1名・集落支援員1名